Tap Dancer ASAKI


1000人達歩実行委員会代表/世界一周 Tap Dancer

タップダンスの枠を越えた活動を続けるタップダンサー。旅人。

1995 年よりタップダンスを始め、 1997 年アマチュアライブでの優勝を期にプロ活動を始め、NY、LAへ単身ストリートタップの旅へ。

帰国後、自身で立ち上げたM-Beat Tap Dance Classで後進の育成に注力しながら、横浜motion blue、赤坂november11thなど、都内メジャーライブハウスで、Soil&pimp sessionsの丈青(Pf)、秋田ゴールドマン(B)、Sleepwalwerの藤井伸昭(Ds)とともに、自然をテーマにしたセッションバンド「Naturarhythm」の活動をはじめる。

自身のタップダンスメソッドを収めた教則DVD「Up Beat!」「Up Beat2」はリズムタップ教則DVDとして増刷を繰り返している。

世界各地への巡礼、日本全国の登山、四国八十八寺の巡礼、台湾一周、ラダック巡礼など、数々の旅から経験を基に、既成概念を越えたタップダンスの新しい可能性を追求している。

2011年、3.11の東日本大震災を期に、ストリートパフォーマンスによる現地への支援金送金や現地への泥かき、仮設訪問ボランティア活動をいち早く行い、経済優先で自然界への影響を省みない在り方に疑問を感じ、新しい価値の創造と循環を築くべく

2012年、単身世界一周Tapの旅へ赴く。

16ヶ国でのストリートタップ果たし、日本の素晴らしさと可能性の発信すべく帰国。

現在、岡山県美作市の山小屋に移住。耕作放棄された棚田の可能性を見いだし、棚田で1000人達歩(タップ)を企画、日本から世界に誇れる文化を発信すべく、全国各地で説明と協力を仰いでいる。

2013年 140名で棚田1000人達歩。会場:岡山県美作市。

2014年 200名で棚田1000人達歩。会場岡山県和気町田土。福武文化教育財団3カ年助成対象に認定。

2015年 「棚田1000人達歩」が岡山県推奨の「もんげーセレクション」に認定。75名で棚田1000人達歩。会場岡山県和気町田土。

新たに廃材打楽器演奏も取り入れ、捨てられていくものの再価値創造をテーマにしたパフォーマンスも始まる。

2016年 瀬戸内国際芸術祭2016の春夏秋の3期オープニングアクトとして「玉野SEA1000人達歩」が決定。会場岡山県玉野市宇野港。春期は85名参加。山陽新聞の一面に取り上げられる。

西大寺会陽前日のパフォーマンスの「般若心経達歩」も各メディアで取り上げられる。


連絡先

TEL: 090-9328-7492
mail: mbeattap@d3.dion.ne.jp
address: 43-2, ueyama, mimasaka-shi, Okayama, Japan


動画

a:s.(ASAKI&鈴木心理)

Tap Dancing in "Around the World"

1000人達歩プロモーション

リズムタップ教則DVD『Up Beat!』/『Up Beat2』